スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロト中編楽しいよ

テストで時間が余って問題用紙も提出しないことを知っている私は先生に見えないぐらいの小さい字を意識してタイトルやら台詞やらメモしていました

携帯サイトの細かい需要アンケートで知ったんですが、帝華の番外編読みたいって人、いるんですね……!!!
まぁPCサイトのように無期限で変化を見ながらやる形ですので、好みが変わったりこいつの短編読みたいぜって入れてみたり、気軽に使ってもらえると嬉しいです。
自己満足サイトに足を運んでくれてるんだから、少しぐらい更新の中身を変えて恩返ししたいわ


以下小ネタ。







「ふっ、不動くん痛い痛い!」
「あんなところで転んだおまえが悪い。大人しくしろよ」
「あれは不動くんが……っ」
「車に轢かれかけたヤツが何言ってんだ。俺だって転ばせたくて引っ張ったわけじゃねぇんだよ」
「あぅ……」
「……ほら、終わった」
「ありがと……。不動くんはなんでそうやって私に優しいの?」
「あ? ……さァな、なんでだろうな」
「なにそれ」
(俺は風丸みたいに潔くもねぇし、佐久間みたいにねばり強くもない)
(王子様になれない代わりに、騎士になることぐらいは許されるだろ?)
スポンサーサイト

テストなんて(ry

数学と現代文なのでまだ気は楽
「げんだいぶ(ん)」って打ったら予測候補に「源田伊舞」って出てきた
 喜んで良いよねこれは!!!


以下小ネタ。







「!?」
「……宝院? どうした、固まったりして」
「かっぱ……」
「は?」
「佐久間くん鬼道くん、あそこにかっぱがいた!」
「……またヒロトと同じようなことを……」
「ハッ、エイリア石のせいで幻覚でも見るようになっちまったんじゃねぇの?」
「そっか、宝院さんも見たんだね。オレは木暮くんと一緒に河童とサッカーしてきたんだよ」
「……ヒロトが言うとむかついたけど。宝院、気になるなら午後は一緒に探しに行くか?」
「うんっ、行く!」
「風丸くんひどいなぁ。オレも一緒に行っていい?」
「じゃあ基山くんも行こっか」
「危なくなってもちゃんと守ってやるからな」

「……なんで俺たちが疎外感を感じているんだ……」
「頭が良いがゆえの孤独っつーのもあるんだよ」
「……風丸が羨ましい」

照美くん照美くん

あなたはいったいどの立場?
とりあえず豪炎寺さんは木戸川清修にまだ思い入れがあったりとか、そういうのはないのかしら

以下小ネタ。







「……香姫」
「う?」
「それ、寒くないのか」
「何が?」
「ミニスカにタイツって……、宝院、暑いんだか寒いんだかわからないぞ」
「バカ娘は元々スカート短いだろ。帝国はそのへん自由だしな」
「ニーハイは脚が出て寒くなってきたから。タイツ、あったかいよ?」
「香姫が良いなら良いんじゃないか?」
「あのなぁ源田! 廊下ですれ違う男子の何人が宝院のこと見てるか……」
「このバカがモテるのは10割見た目か……」
「あっ不動くんひどい!」
「……香姫、やっぱりスカートを長くしないか」

鬼道さんの迷走

とりあえず影山総帥はどのへんから世宇子の布石を打っていたんでしょう

香姫ちゃんは必殺技を完成させて、次のお話で練習試合です。
やっと、やっと13話までかいつまんでできるところまでいった……!!!
ここからはハイスピードだよね、だってアニメに沿わないもの。
総帥がどの辺から布石を打っていたのかわからないので、とりあえず私が打って捏造してみる。

照美くん妄想タイムが終了間近

土曜日に照美くんが出たら、そこまでなのよ


以下小ネタ。







「不動くん、何してるの? 机に突っ伏して」
「……金忘れたんだよ」
「それって何か大変?」
「昼飯がねぇ」
「…………よし」
「何、なんか言ったかバカ」
「八つ当たり!? それより不動くん、私購買の一日100個限定の焼きプリン食べたい」
「……だから?」
「あとは好きなもの買ってきていいから、争奪戦に参加してきてくれる?」
「……宝院、おまえ人の釣り方上手くなったな。わかった絶対とってきてやる」

「……わぁぁ……!」
「(マジで喜んでやがる……)」
「ちゃんと食べたいだけ買えた?」
「十分だ。ついでにおまえの好きそうなもんも買ってきた」
「ありがとー!」

「宝院、それ購買の……」
「あ、佐久間くん」
「香姫はいつも買えないと嘆いていたのに、どうしたんだ?」
「俺が買収されてやったんだよ」
「そうだったのか」
「買収って、不動に何か黒歴史でも?」
「それはもう全部さらけ出てる」
「お昼代忘れたって言うから。あ、プリンとおやつの使い走り分でいいから、返さなくていいからね?」
「……おい、優しさが痛い」

ちっちゃいペッコさん

なんだっけか……
JUMPとかいうクエで出会いました。3.5mのペッコ亜種。

最近ヒロトで短編か中編か、やってみようかと思っています。
帝華もだいぶプロットができましたので、日曜には更新したいです。

モンハンネタ楽しす

きっとサッカー部の中でゲームするのは辺見と佐久間の幼馴染コンビくらい
あと五条さんがマニアックなエロゲとかやってそう
香姫ちゃんは辺見にモンハンをさせられているようです


以下小ネタ。







「……あれぇ」
「なんだ、見失ったか?」
「うん……」
「今何やってるんだ?」
「アグナコトル。ビームで1回力尽きた」
「下位でそれなりに良い装備なのに何故……。あと既に20分経ってるのはどういうことだ」
「見失っちゃってずっと探してるんだもん」
「10番は? あと一歩のところまでいったなら寝てるぞ。爆弾傍に置いて何か投げるか太刀でつつけばいい」
「なるほど。……あっ、いた!」
「……宝院、今度一緒に狩りに行くか」

基本的に香姫ちゃんのプレイは私と同じ

にゃあっ!

オトモのげんだくんもさくまくんも、よくなついてくれるようになりました。
かひめちゃんはといえば、ニャンターとしてかぜまるさん×2とてるみくんと冒険に行く日々です。
あれ、げんだくんのパートナーがかひめちゃんじゃない


以下小ネタ。







「幸次郎が潜った……」
「何をしてるんだ」
「あ、いらっしゃい鬼道くん佐久間くん。幸次郎はおかえりー」
「ん? 宝院ってゲームするのか?」
「辺見くんがやってみろって言うから。メモリースティック? だけ買って借りてる」
「ふーん。オトモの名前がげんだとてるみなんだが。わざわざ色合わせてるし」
「うん。ちょっとこれ買おうかなって思ってる。20分くらいで一区切りつくし」
「宝院はのんびり屋だな」

「源田、はなしがさっぱりなんだが」
「鬼道、俺もだ」

本日の更新は

何やら執筆が思うように進まず、完成度の低いものを上げるというのも納得がいきませんので、お休みさせていただきます。
今月は思うように更新できず申し訳ない……。

次回予告の照美くんに荒ぶったりはしていてとっても元気ですので、大丈夫ですよ^^
アニメのおさらいもしなきゃなので、時間をくださると嬉しいです。

昨日は荒ぶって申し訳ない

今まで源田家の嫁の警備員だった照美ちゃんがいなくなって、ショックだったのです。

以下小ネタ。







「照美くん」
「……香姫さん?」
「……やっぱりだめ?」
「いや、構わないんだけど……いきなりどうしたの?」
「大人になるにあたっていつまでもアフロディって呼んでくわけにもいかないかなって」
「まぁ……そうだね」
「よし、今日からアフロディは照美くんね」
「わかった。久しぶりに会う皆はどう呼んでくれるかな」
「案外昔のままだったりして」
「……かもね」

ショックにより無題

どうせ10年後とか出ないんだろと積み上げてきた妄想が音を立てて崩れた。
このパターンでいくと不動さんも風丸さんも……
でも照美ちゃん楽しみ
10年後は「照美くん」って言っててもいいと思った。

気が向いたらそれ関係の小ネタ上げます

ひざ

検査したら水は溜まってるけど問題ないそうです。
炎症は起こってるから湿布だけもらってきました。


以下小ネタ。







「宝院」
「うん?」
「…………」
「不動くん、名前だけ呼んで考え込まないで欲しいなー……?」
「おまえはどう呼ばれてぇ?」
「不動くん、よくわかんない」
「候補としてはお姫サマとバカ娘がある」
「苗字でいいよね!? お姫サマってものすごく嫌み込められてるし」
「わかった、その場の空気に応じて使い分けてやるよ」
「不動くんと会話のキャッチボールができない……」

ころころとかわる監督たち

吹雪くんはコーチやめてまた帰っちゃっただろうし、鬼道さんは総帥お休みしてきただろうし、円堂さんは何か調べたいとか言い出すし


以下小ネタ。







「……佐久間くん、私思うの」
「ん?」
「雷門、二ヶ月で監督が二回も代わってて、よくついてけるなぁって」
「……あぁ」
「佐久間くんは、いなくなったりしないよね?」
「俺は帝国を任されているからな。それから……(宝院のことも)」
「うん?」
「いや、何でもない。突然どうしたんだ?」
「うぅん……なんでも、ないの」
「……最近の宝院は嘘をつくのも上手くないな」
「そうかも。家に帰れば幸次郎もいるし、アフロディも私のことたくさん気にかけてくれるんだけど……」
「あぁ」
「ここで一人にされたら……、立っていられる自信がない」
「しばらく休んでもいいぞ? 俺は大丈夫だから、な」
「……そうしようかな」

雪村くんやばす

ずっと「豹牙」ではなく「氷河」だと思ってた。どんだけ雪関係集めたのこの名前とか思ってた
サイアさんとっても美人だと思います。
あと白恋の技は綺麗だ

最近吹雪くんが半田くんくらいの位置にきた。
ついでにいうと雪吹も吹雪も好きです。吹雪ってまんまやんけ


以下小ネタ。







「幸次郎ー」
「どうした?」
「眠い……」
「部活が始まるまで寝てるか?」
「んー……」

「早いな源田……と、宝院か」
「すまないな。もう起こすか?」
「いや。無理をさせることもない。……だが」
「ん?」
「直に一年と辺見たちが来てうるさくなるぞ」
「そうだな……」
「もう少しだけ寝かせてやって、うるさくなる前に起こしてやるか」
「あぁ」
「ところで宝院はおまえの脚の上で寝にくくないのか?」
「大丈夫だから使ってるんだと思うぞ」
「ふむ……」
(えっ、香姫先輩寝てたんっすか? 鬼道さんずるい!)
(うん、何が……?)

あとがさ

どこぞのモトラドに乗って旅をする少年と思わせて実は少女を書いているあの人がやっていたので一度やってみたかったタイトル


帝華UPですね!!!
成神くんは一年なのに一軍で、いろいろ苦労してるところもあるんじゃないかと思います。
先輩も同じ選手だから割と対等だし、香姫ちゃんというお姉さん的存在は珍しくて初めてで、思わず懐いてたらいいと思います。
このパターンはもしや虎丸にも生かせちゃうんじゃないか……???
虎丸はとにかく元気いっぱいかわいい生意気さんだと思ってます。
帝華本編も小ネタも50突破しちゃったけどどうしよう^^^^^^^^
とりあえずもうすぐさらっとアニメを流して13話突入なので、練習試合までお付き合いくださると嬉しいです。
……そこからは、どびゅんといけちゃうんだぜ。

ウラ血液型までもがBだと……

どうやら私は根っからのB型らしいです。
香姫ちゃんはー……O型かな? 細かいことは気にしないあたり。もしくはB型だよね。大雑把ではないけど特別几帳面なわけでもない。マイペース!!!


以下小ネタ。







「さァ覚悟してもらおうか、バカ娘」
「ちょっ……、待って待って不動くん、私まだ心の準備が……!」
「そんなもん要らねぇだろ」
「不動ォォォォ!」
「……ったく、なんだよ佐久間」
「なんだよじゃない! 宝院に何するつもりだ!? まさかやらしいこととか……」
「それはおまえの願望だろうが」
「じゃあ一体何を」
「こいつが転んで膝にでけぇ傷つくったんだよ。傷洗ったまではいいんだが消毒が嫌なんだと」
「しみるんだもん!」
「……宝院、すまないな」
「えっと、佐久間くん?」
「よし佐久間、そのままそのバカ捕まえてろよ。……ったく、また血ィ出てんじゃねぇか」
「痛い痛い痛い!」
「縁石に蹴躓いて転んだ自分を恨めバカ娘」
「うぅ~っ」
(どうしてそうなった)
(道路渡って歩道に入ろうとしてこうなった)

空振りしないで良かった

メモ:咲山さん一件入りましたー

恋焦録も書きたいんだけど、ゲーム本編に入る勇気がない……。
千鶴ちゃんは土方さんルートで、じゃあ歩遠ちゃんはってなったら選択式で。
それはいいし一通りの流れはそれぞれ浮かんでいるから問題はないんですが。


以下小ネタ。







「さむいー」
「大丈夫か宝院、エアコンの設定上げるか?」
「……風丸くんは寒くないの?」
「俺はさっきまでサッカーやってたから」
「じゃあ私も運動する」
「うーん、俺とくっついてるんじゃだめか?」
「! だめじゃないよ」
「よしよし。やっぱり人とくっついてるとあったかいな」
「うん!」

「………………」
「佐久間、何してんだ」
「不動か……。あれを見てくれ」
「? 風丸とバカ娘じゃねえか」
「風丸がな、源田よりたくさんスキンシップをとっているんだ」
「何か問題でもあんのかよ」
「風丸が許されるなら俺だって許されるはずだ」
「それ単におまえが羨んでるだけだろうが!」

何も浮かばないというタイトル

ブログでも小説でも、一番困るのはタイトルです。


以下小ネタ。







「バカ娘」
「……はい」
「おまえは何回言えばわかるんだ? 生きてるうちは理解できない予定ですってか?」
「あぅ……」
「佐久間、どうしたんだあの二人は」
「……いや、それが」
「源田も何か言え」
「すまん不動、状況がさっぱりわからないんだが」
「このバカがまたふらふらと他校見に行ってたんだよ!」
「……そうか」
「雷門ならともかく、危ねぇっつってんだろ」
「はい……」
「すごいな、宝院が正座か」
「感心してる場合じゃないぞ佐久間」

風邪なんてそんなもの(拍手返信)

二日間もぐうたらしたら治りましたよもちろん。
体力が落ちたこととまだ苦いというより不味い粉薬が二日分くらい残っていることを代償にな!!!


以下返信。
▽遠夜さま
心配してくださってありがとうございました!!!
すっかり元気なのでまた週末からもりもり更新できたらと思います。
企画なんぞもひっそりやっているので、更新しやがれコノヤローくらいの気持ちでぺしっと挑戦状を叩きつけてくださると嬉しいです。
それでは、コメントありがとうございました!!!


以下小ネタ。







「風丸、あれ」
「ん? 宝院じゃないか! そんな大荷物抱えてどうしたんだ?」
「雷門中、今日は河川敷だったんだねー。私は今買い出しの帰りなの」
「円堂、ちょっとひとっ走りしてきていいか?」
「あぁ、いいぞ!」
「さんきゅー円堂。宝院、手伝う!」
「……うーん、じゃあお願いしようかな」

「ただいまー」
「おう、ご苦労だったなバカ娘……って、風丸!?」
「久しぶりだな不動」
「宝院、おまえは何つー量買ってきてんだ! 他所に迷惑かけんじゃねぇ!」
「うん、思ったより重いなって後悔した」
「今度からメモを見せてから行け。いいな」
「はぁーい」
「ははっ。不動もすっかり保護者だな」
「……うるせぇよ」

風邪をひきました

昨日は更新できなくて申し訳なかったです。
熱が37℃台で立ったら目眩して一瞬気絶したりと色々大変でした。

次の日曜日にはきちんと更新させていただくつもりですので、お付き合いしてくださると嬉しいです。

にゃふう

ジンオウS装備を完成させほくほくの伊舞さんです。
碧玉がなかなか出なかった……!!!

40000HITフリリク企画、早くも空振りの予感です。


以下小ネタ。







「宝院……」
「あれ鬼道くん、どうしたの悩みごと?」
「……最近」
「うん」
「最近、春奈と佐久間の仲が急激に良くなっているように見えるんだ……。この間佐久間が春奈のことを"春奈ちゃん"と呼んでいた」
「……えーっと」
「春奈は佐久間のことをどう思っているんだ、たとえ相手が佐久間でも春奈はやらんぞ!」
「落ち着こう鬼道くん、ちょっとだけ心当たりあるから」

「……と、いうわけなんだけど」
「もう、お兄ちゃんったら! 香姫さんすみませんでした」
「いいのいいの」
「最近香姫さんが出かけちゃうと髪結んでくれって言ってくるのが当たり前になってきてて。佐久間さんに、私は"音無っていうより鬼道の妹って感じがする"って言われたんです」
「それで仲良しなんだね?」
「はいっ!」

「……春奈……」
「良かったね鬼道くん」
「あぁ、取り乱してすまなかったな宝院」
「いいえー」
(佐久間くんにあれ吹き込んだの私だからなぁ)

オーガ襲来に至った経緯

豪炎寺が聖帝になって管理サッカー始める→皆管理されて勝ちたいとかなくなる→要するに闘争心がなくなる→そのまま70年→ヒビキ提督が動き出す→円堂守のせいだ!!!→最強軍団オーガ襲来

要するに豪炎寺のせい
過去が変わるとか考えると難しくなりますが、こんなのも有りなんじゃねって思います。


以下小ネタ。







「宝院」
「円堂くん――……、何か、あった?」
「フィフスセクターの本部に行って……、聖帝に会ってきた」
「何かわかったでしょう」
「聖帝は……、豪炎寺だった」
「…………」
「宝院は、知ってたんだな?」
「うん。一度"聖帝"に呼ばれたことがあるの。私もひとまず折れるしかない、ってそこでフィフスセクターに従うことを宣言した」
「それで……」
「ずいぶん変わってしまったけれど……、あれは豪炎寺くんだって思った」
「……何があったのか、わかったか?」
「まったく。だから円堂くん、ちゃんと向き合ってあげて」
「わかってるよ。……さて、帰って飯だ! 夏未が待ってる。宝院も食ってくか?」
「私は遠慮しておくね。幸次郎のご飯も用意しなくちゃ」
「そうか。じゃあ、気をつけて帰れよ?」
「円堂くんもそういうこと言えるようになったんだねー」
「なっ、宝院!」
(変わらないものはないなんて、そんなのわかってる、わかってた)

部屋割り

予想外に良かったので、ちょっとだけ気は軽くなってます。
最近話すようになったひとたち3人と、例のバレーの相手。
なぜか人の神経を逆撫でするようなことしかしません。
もう続けられないなと思ってボールをバウンドさせて返せば、それをまた打ってあらぬ方向へ飛ばして私を走らせる。
膝が痛いなーってさすっていたら、「大丈夫?」とか
いやあんたのせいだよとは言えないというか口もききたくないので最小限に留めましたが、正直ほんとに近寄らないでほしい
ほっといてくれって思うのです。
最近愚痴が多くて申し訳ない


以下小ネタ。







「あ、おかえり幸次郎っ」
「香姫? 帰ってきたのか」
「うん。ルシェちゃんおっきくなってたよー」
「そうか。フィディオは相変わらずか?」
「うん、大活躍! 試合も見せてもらっちゃった」
「帝国の方もしっかり練習していた。雅野はおまえの復帰に大喜びだろうな」
「……だといいなぁ」
「大丈夫だ、事情は説明してあるから」

「香姫監督、お帰りなさい!」
「ただいまー、雅野くん」
「大丈夫でしたか、フィフスセクターには何にもされてませんか?」
「うん、大丈夫。心配させたみたいでごめんね?」
「いえ!」
Profile

伊舞双樹

Author:伊舞双樹
夢小説関係がメイン。
苦手な方はごめんなさい。
夢絵とか平気で描く。
たまに恐ろしく口の悪い愚痴あり。注意書きと改行または追記で書き綴ってます。中学の時荒れた名残っぽい。

管理人→商業高校生。最近はイケメンに見とれつつ日商簿記1級やITパスポートを目指して勉強中。たまにとてつもなく口が悪い。
日商簿記検定2級・全経簿記上級・全商英語検定2級・全商電卓検定1級・全商ワープロ検定1級・全商簿記検定1級・全商情報処理検定1級・全商パソコンスピード入力検定初段取得済み。この範囲なら答えられる。かもしれない。

話がわかるもの。
漫画→復活・銀魂・灰男・FAIRY TAIL・BLOODY MONDAY・黒執事・レイン・種村有菜作品・ツバサ・エグザムライ・CRUSH・MOMO・ヨルムンガンド
ゲーム→薄桜鬼・ドラクエ(4、5、7、8、9)・FFCCEOT・牧場物語(ミネなかGirl、コロステForガール、キミ島、キラ太)・復活(FOH1、2、フレランX)・ラグナロクオンライン・イナイレ2、3・モンハン3rd・ロードオブアポカリプス
小説→時雨沢恵一作品・レイン・ドラゴンラージャ・ドラゴンランス・タラ・ダンカン・シゴフミ・モンハン(英雄の条件・魂を継ぐ者②まで)
アニメ→イナイレ・復活・銀魂・会長はメイド様!・刀語・ONE PIECE・トリコ・青エク・マクロスF・タイバニ・Fate/zero・るろうに剣心・迷い猫オーバーラン!・バクマン。

Counter
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。